2020 / 02 / 20 木曜日
ホーム タグ キッコーマン食品

タグ: キッコーマン食品

2030年までに食品廃棄物半減を イオン、メーカーなど21社と恊働

イオンは11日、世界各地の小売企業などとともに参画する「10×20×30 食品廃棄物削減 イニシアティブ」の日本プロジェクトを国内の食品メーカーなど21社とともに始動した=写真。イオンと21社が一体となり、2030年までに食品廃棄物の半減という目標に取り組む。

「デジタルロジスティクス推進協議会」設立 物流情報のデジタル化、企業間の共同利用へ検討

日本パレットレンタル(以下、JPR)は7月29日、サプライチェーン事業者各社と共同で「デジタルロジスティクス推進協議会」を設立した。協議会ではサプライチェーンの全体最適の実現と、社会への貢献を目的に、物流情報のデジタル化・標準化、企業間の共同利用に向けた検討を開始する。

乾麺グランプリ、盛況裡に幕 メーカー24社が味の競演 日本アクセス

日本アクセスは18~19日、消費者向け食のイベント「乾麺グランプリ in Tokyo 2019」を東京・世田谷の駒沢オリンピック公園中央広場で開催した。全国の乾麺・調味料メーカーが自社商品を使った麺メニューを調理・販売、来場者の投票でグランプリを決めるもの。全国乾麺協同組合連合会との共催。

野菜1.5倍のケチャップ 濃縮トマトソースも新発売 キッコーマン食品

キッコーマン食品はデルモンテブランドの調味料3品を5日から全国で新発売する。通常の1.5倍の野菜を使った「ベジタブルリッチケチャップ」と「ベジリッチピザソース」、人数に合わせて必要な量だけ使える「基本の完熟トマト・ソース濃縮タイプ」を新たに投入する。

プルコギ人気を後押し

平昌冬季五輪が間もなく開幕する。五輪の時期を迎えると、開催地の料理が日本国内でにわかに注目されることがある。今回に関しては、韓国料理への関心が急速に高まっているようには思えない。ただ、裏を返せば、韓国料理は国内で着実に定着しているということだろう。
- Advertisement -

ロングランアクセス