2020 / 02 / 27 木曜日
ホーム タグ ひかり味噌

タグ: ひかり味噌

ひかり味噌 容器を環境配慮型へ オーガニック製品6品で

ひかり味噌は、近年問題視されているプラスチックごみによる海洋汚染の課題解決に向けた取り組みを開始する。同社が得意とするオーガニックみそ5品とオーガニック即席みそ汁1品を環境配慮型パッケージにリニューアル。3月から順次切り替えを行い、全国のSMと海外市場で販売する。

訪日外国人 4千万人時代 転機迎えた食品、消費形態

7か月後に迫った東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに訪日外国人の増加が見込まれる2020年。これを契機に日本の食品や外食、それに消費形態や企業の取り組みに大きな転機が訪れそうだ。五輪のテーマの一つである「多様化と調和」は、多彩な形で食品にも再現され、新たな食文化を形成。その根底として、企業のSDGs(持続可能な開発目標)対応も求められている。

2030年までに食品廃棄物半減を イオン、メーカーなど21社と恊働

イオンは11日、世界各地の小売企業などとともに参画する「10×20×30 食品廃棄物削減 イニシアティブ」の日本プロジェクトを国内の食品メーカーなど21社とともに始動した=写真。イオンと21社が一体となり、2030年までに食品廃棄物の半減という目標に取り組む。

ひかり味噌 輸出EXPOに出展 概念覆す新商品を紹介

ひかり味噌は27~29日に幕張メッセで開催される第3回“日本の食品”輸出EXPOに出展し、世界中から来場する食品バイヤーにビーガン対応のみそ汁、ハラール認証みそ、オーガニックみそ、照り焼きの概念を覆す新商品「Miso Teriyaki」などを紹介する。

即席みそ汁 熱中症対策で脚光 成長市場さらにドライブ

夏場のみそ汁に対する消費者の価値観が変化してきている。昨夏は梅雨明け直後から猛暑となり、天気予報時の気象予報士の呼びかけもあって、熱中症対策でみそ汁が脚光を浴びた。今年の梅雨明けが平年並みであれば、関東・近畿ともに遅くとも7月下旬には梅雨明けとなる。

ひかり味噌 中国でスープ春雨 現地大手とダブルブランド

ひかり味噌は5月から、野菜、畜肉、冷凍食品、春雨、食用植物油などの加工食品を手掛ける龍大食品集団有限公司と業務提携を締結し、ダブルブランドのスープ春雨の製造販売を開始した。新たな春雨の食文化として中国の消費者に提案する。

次世代ミート初上陸 ターゲットはミレニアル世代 ひかり味噌

北欧フィンランドから大豆ミート、フェイクミートに続く次世代ミートが初上陸する。ひかり味噌はこのほど、フィンランドにおいて植物性タンパク質ナンバーワンのブランド「HÄRKIS」を製造販売するVerso Food社と業務提携した。
- Advertisement -

ロングランアクセス