「FOOMA JAPAN 2024(国際食品工業展)」 6月4~7日 東京ビッグサイト 日本食品機械工業会

日本食品機械工業会は6月4~7日、東京都江東区の東京ビッグサイト・東1~8ホール(東展示棟全ホール)で、「Breakthrough FOOMA」をテーマに「FOOMA JAPAN2024(国際食品工業展)」(事務局 TEL03-6809-3745、https://www.foomajapan.jp/)を開催する。

食品機械の最先端テクノロジーや製品、サービスなどを通じ、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案するアジア最大級の総合トレードショーで、47回目の今回は、昨年に並ぶ過去最多の952社(共同出展社含む、4月3日現在)が出展する。

これまでにない新たな来場価値を提供するため、オープンイノベーションの一環として2年前に新設されたスタートアップゾーンは、15社の新規出展を含む30社に拡充。また、優れた研究開発の成果を顕彰するFOOMAアワードのほか、製品情報を効率よく収集できるFOOMAコレクトやFOOMAアプリなどで展示会のDX化にも取り組む。

また、「日本発のフードテックを世界に~食の最前線・食産業のグローバル化」をテーマに、フードテックの第一人者田中宏隆氏がナビゲートする「フードテックセッション」など、トレンドに沿う多彩なセミナーも注目だ。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球