発売140周年の「三ツ矢」ブランド認知拡大へ 全国1143店舗でイベント実施 記念日の3月28日には横浜流星さんの限定CM放映

 アサヒ飲料は、今年で140周年を迎える「三ツ矢」ブランドの認知拡大に向けて、年間を通して積極的なコミュニケーションを行う。

 コミュニケーションの大きな山場の一つは、3月28日の「三ツ矢の日」。これに先立ち3月23日と24日の週末に、全国1143店舗の量販店等で店頭イベントを実施した。実施店舗数は、昨年の565店舗から約2倍へと拡大し過去最大級となった。

 24日、イベント会場の1つイオンモール川口店で取材に応じたアサヒ飲料の米女太一社長は「140年の歴史を持つ『三ツ矢』が、皆様に寄り添うブランドだと知っていただきたい」と意気込みを語る。

 川口店でのイベントでは、試飲や「三ツ矢」バルーンの配布を行ったほか、オリジナルグッズなどが当たる「三ツ矢くじ」イベントが開催され、多くの人が集まり賑わいをみせた。

 「三ツ矢」ブランドの2024年1月から2月の累月販売実績は、数量ベースで前年比12%増と好調。売上構成比を大型ペットボトル(PET)から中型PETへシフトする容器ミックスの改善も順調という。

 出足の状況については「年初から、今年は炭酸に力を入れるという計画を組んでいる。営業とマーケティング施策が上手くかみ合い、好調となっている」と述べる。

 ものづくりの姿勢を独自の強みととらえる。

 「有糖のユーザーが全くいなくなるわけではなく、有糖の中でもおいしいもの、心に通じるものが選ばれている。当社はおいしいものづくりを徹底して行ってきており、炭酸の良さにもこだわってきたため、有糖炭酸の中で自分たちの強みを発揮できれば、選択肢の一番になれる」と話す。

 3月28日には、俳優の横浜流星さんを起用した「三ツ矢の日」限定CMを放映。
 限定CM放映の理由は「『三ツ矢の日』をきっかけに、『三ツ矢』ブランドの認知を高めるのが狙い」と説明する。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球