伊右衛門「特茶TOKUCHA」コミュニケーション刷新して急伸 12週間継続摂取のグラフ用いた訴求が奏功

 サントリー食品インターナショナルのトクホ茶飲料・伊右衛門「特茶TOKUCHA」(以下、特茶)は昨年、足踏み状態にあったのが、本木雅弘さんと上白石萌音さんが出演する新CM「特茶研究所」シリーズ放映の開始した9月以降、急伸している。

 「特茶」に配合されるケルセチン配糖体のヘルスクレームは “日常の身体活動による脂肪を代謝する力(脂肪の分解・消費)を高める”。

 新CMでは、男女172人にケルセチン配糖体を配合緑茶飲料とケルセチン配糖体を配合しない緑茶飲料を1日1本(500ml)12週間継続摂取させたヒト試験を行い、ケルセチン配糖体を配合緑茶飲料で8週目から体脂肪の低減が認められたことを、グラフを用いて訴求。

 これにより「非常に分かりやすく伝わったようで明らかにトレンドが好転した」という。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日