カレーに溶け込んだ柿の種は旨味やコクを引き立てる 「柿の種のオイル漬け にんにくラー油」風味のカレーが登場 阿部幸製菓

 阿部幸製菓(新潟県小千谷市)の「柿の種オイル漬けシリーズ」は「柿の種を食卓に」をテーマにご飯のお供として新たな柿の種の食シーンを提供している。
 
 先駆商品は2018年に発売開始された「柿の種のオイル漬け にんにくラー油」。

 今年10月25日、新たな柿の種の食シーン提供の一環で「柿の種オイル漬け にんにくラー油」風味のカレーが新潟県限定で発売された。
 商品名は「柿の種オイル漬け味のカレーです。やみつきにんにくラー油味 中辛」。

 「柿の種オイル漬け にんにくラー油」の味の決め手であるラー油調味料、フライドガーリック、クラッシュした柿の種など使用。「ルーに溶け込んだクラッシュ柿の種は隠し味として旨味やコクを引き立てる」(阿部幸製菓)という。

 参考価格は税別550円。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日