九州小売流通特集

 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
#image_title #separator_sa #attachment_caption

コロナ収束後の市場動向 九州エリアの展望を分析

  ◇  ◇

〈九州エリア小売動向〉

・イオン九州 各部門の収益改善が進む
・コスモス薬品 既存店回復基調に転ずる
・サンリブ 新しい経営体制に移行
・トライアルカンパニー 東証グロース上場を中止
・ハローデイ 機能集約と経営効率追求
・フードウェイ グループ売上500億円目標
・ダイレックス 出店攻勢で増収目指す
・マルミヤストア 業務効率化と営業力強化
・イズミ 今夏「ゆめタウン飯塚」開業
・神戸物産 九州への出店網拡大図る
・大黒天物産 九州エリア出店計画進む
・リテール・パートナーズ 収益体質強化と業績改善
・ロピア 博多に九州エリア初出店

  ◇  ◇

〈メーカー各社の概況〉

・キユーピー福岡支店「九州を味わうドレッシング」が売れ行き好調
・味の素冷凍食品 新規ニーズのさらなる深耕へ 価値を訴求する販売施策
・真誠九州営業部 「自然と健康」がテーマ 主力商品など売れ行き好調
・ニップン福岡支店 顧客に役立つ提案の実践 需要に即した商品を拡売
・キリンビバレッジ西日本統括本部 健康カテゴリー好調続く 地域活性化の施策を継続
・片岡物産 九州支店 さまざまな楽しみ方を提案 ニーズに基づく商品展開
・ネスレ日本九州支社 各カテゴリーで配荷進む 新商品投入でさらなる深耕

特集記事タイトル一覧はこちら→

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球