清酒「久保田」 和菓子と楽しむラウンジ 日本橋三越に月1回オープン

朝日酒造は、清酒「久保田」と和菓子のペアリングが楽しめるラウンジ「酒菓ラウンジby久保田」を6月から毎月1日だけ東京・日本橋三越本店内にオープンする。初回は6月24日(土)、2回目は7月22日(同)。8月以降も予定。「久保田」の「萬寿」「翠寿」などと、老舗で愛され続ける定番や季節ごとの旬のお菓子とあわせて楽しめる。

三越が運営する和菓子のセレクトショップ「菓遊庵」とのコラボレーション。朝日酒造はかねてより日本酒と和菓子のペアリングを提案しており、今回のラウンジでは、毎月テーマを変えて新しいおいしさを紹介する。

初回6月24日のテーマは「あんずのお菓子」。「久保田」との組み合わせは、京都「亀屋清永」の「翔SHOUあんず」とブランド最高峰の「萬寿」、京都「俵屋吉富」の「あんず琥珀」と春夏限定の生酒「翠寿」、佐賀「丸芳露本舗 北島」の「花ぼうろ」と華やかな香りの「純米大吟醸」を提案する。価格は「水無月のお菓子セット」が各550円、清酒「久保田」は「萬寿」600円、「翠寿」500円、「純米大吟醸」330円、「3種飲み比べセット」1千300円、「久保田 翠寿 南高梅ロック」600円。次回7月22日のテーマは「にっぽんの夏」を予定。

同社は「季節を感じる日本酒と和菓子の出会いをお楽しみください」としている。

〈酒菓ラウンジby久保田〉
▽オープン:6月24日、7月22日、8月以降も月1日予定
▽時間:午後2時~7時30分
▽場所:日本橋三越本店本館地下1階パーソナルショッピングデスク(東京都中央区日本橋室町1-4-1)

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日