鏡餅 生産ピークに 「飾って一年をまるく」 サトウ食品が出発式

近づく年の瀬。一年を締めくくる鏡餅商戦を前に、生産が最盛期を迎えている。

サトウ食品新発田工場(新潟県)では9日、恒例の「鏡餅出発式」を開催。商戦の成功を願う神事に続いて、今シーズン初出荷となる192ケース(770㎏)がトラックで出発した。

佐藤元社長によれば、今年の出荷は物量ベースで103%の計画。ただ、鏡餅は小型品への需要シフトが続いていることから、金額ベースでは前年並みを見込む。

資材費やエネルギーコストなど、原料のコメ以外は高騰が続いているものの、今年は値上げせず乗り切る考えだ。

製造は人海戦術。人手確保もひと苦労だ(サトウ食品新発田工場(新潟県)) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
製造は人海戦術。人手確保もひと苦労だ(サトウ食品新発田工場(新潟県))

「コロナ下で3回目の正月を迎える。まさか3年も続くとは当初考えていなかったが、新しい年には新たな期待もあろうと思う。一年をまるく収めるという思いで飾っていただければ」(佐藤氏)。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日