三菱食品の健康ブランド「からだシフト」からプロティン粉末飲料

三菱食品は、健康ブランド「食べるをかえる からだシフト」PROTEIN PLUSシリーズで、常温タイプのプロテイン粉末飲料2品を新発売した。

「WHEY PROTEIN チョコミルク味」は、1食でたんぱく量を20g以上摂れ、鉄分・5種のビタミンを配合。ココアとミルク感が口に広がる程よい甘さに仕上げた。「同ストロベリーミルク味」は、とちおとめパウダーを使用し毎日続けやすい味わい。いずれもたんぱく原料には吸収性の高いホエイプロテイン(乳清たんぱく濃縮物)を100%使用。理想のからだづくりをサポートする。内容量は各1000g、税抜希望小売3千500円。

たんぱく質補給市場は年間2千億円に拡大、過去10年で約3倍規模に伸長している。市場の7割を占めるプロテインだけでなく、関連する加工食品市場も伸びている。

三菱食品では、健康ブランド「からだシフト」PROTEIN PLUSシリーズを今春リニューアル。糖質コントロールシリーズも含め、常温・冷凍食品合わせて全61品体制で高まる健康志向に対応し、商品ラインアップの拡充を進めている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日