コカ・コーラボトラーズジャパン 明石メガDC竣工 国内最大級の保管・出荷能力

コカ・コーラボトラーズジャパンは5月27日、兵庫県明石市の既存の明石工場敷地内に、国内最大級の保管・出荷能力となる「明石メガDC」を竣工した。大阪府と兵庫県の全域の物流を担う基幹拠点として、7月に稼働する。これにより、大阪・兵庫の約30か所のセールスセンターなどの補完とピッキング作業を順次集約していく。同社のメガDCは21年3月に稼働した埼玉に続き2拠点目。今後のメガDC化は未定だが、ブルース・ハーバート執行役員最高SCM責任者は「今後も多様なニーズに対応し、最適物流体制を構築していく」と抱負を語った。

明石DCの能力は、製品補完容量は約6万パレットで、製品出荷能力は年間約8千万ケースと国内最大級。出荷前では最大時で20台の自動ロボットが1時間当たり1万ケースをパレットに積み込むことができる。

施設全体で設備の自動化・デジタル化を図って効率を向上させており、特に陸上物流では珍しい自動設備RORO(ロールオンロールオフ)を導入。1千500ケース(30パレット)を一気に自動でROROの専用トラックに積み込めるので、これまでのフォークリフト作業による積み込み作業時間と比較すると、7割の削減となる。

ただ、これにはトラックの積み荷部分も専用にする必要があるため、まずは専用トラック3台で稼働する。

また、セールスセンターのこれまでの基本工程は「入荷」「保管」「ピッキング」「積み込み」「出荷」の5工程としていたが、今後は基本的に「入荷」「積み込み」「出荷」の3工程に短縮される。

SCM本部のシムデービッド統括部長は明石を選んだ理由について「既存施設の活用と工場併設」を挙げ、21年2月稼働の埼玉メガDCは「想定通りで、安定稼働」と進捗を語った。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球