セルフレジの「スキャン漏れ」防止 カートにアラート表示機能 トライアルカンパニー

トライアルカンパニー(福岡市、石橋亮太社長)は8日から「スーパーセンタートライアル田川店」においてトライアル初のスキャン防止漏れ機能を搭載した次世代型スマートショッピングカート(SSC)の本格導入をスタートした。

「商品スキャンのうっかり忘れ」や「万引き行為に由来するロス」への課題解決策の一環。スキャン防止漏れ機能は購買者がスキャンし忘れた商品がカートのカゴに入れられると自動検知し、カート上のタブレットにアラートが表示される仕組み。従来のSSCと比べて機体を約4分の1軽量化し操作性を高めた。さらに15台まで連結して自動充電ができ、店舗運営面での利便性が向上した。

今回、田川店では次世代型モデル中型140台を本格導入し、「棚卸時の原因不明ロス」の削減を目指して運用を進める。

次世代モデル中型(次世代型スマートショッピングカート(SSC)/トライアルカンパニー)
次世代モデル中型(次世代型スマートショッピングカート(SSC)/トライアルカンパニー)