麦価17%引き上げ ロシアからの輸出停滞やウクライナ情勢などが影響 4月期の政府売渡価格

 農林水産省は9日、輸入小麦の令和4年4月期の政府売渡価格を決定し、カナダ産、米国産、豪州産の5銘柄加重平均で、令和3年10月期と比べ17.3%引き上げの7万2530円/tとなった。平成20年10月期の7万6030円/tに次ぐ高さ。

 輸入小麦の直近 6カ月間の平均買付価格は、昨年の高温・乾燥による米国、カナダ産の小麦不作の影響が大きく9月以降も国際価格が高水準で推移したことや、日本向け産地の品質低下などにより日本が求める高品質小麦の調達価格が上昇したことなどが要因。

 それに加え、ロシアからの輸出停滞やウクライナ情勢などの供給懸念も国際価格の上昇につながった。
 ロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切ったことから両国産の小麦の供給減が懸念されており、今後は国際価格のさらなる上昇につながると予想されている。