「食品新聞」創刊75周年記念誌を発刊 食品企業各社のサスティナブル経営を紹介

食品新聞社ではこのほど、創刊75周年記念誌「成長戦略を支えるサスティナブル経営~鍵を握る重点施策と攻めの展開~」を発刊した。

「食品新聞」は終戦から間もない1946年11月に「関西食糧新聞」として創刊。農水産物の産地や相場動向、加工食品の情報発信を開始した。

その後は全国主要都市に支局網を拡げ、1962年4月から週3回(月・水・金)刊行する食品・酒類の全国総合紙にリニューアルした。同時に社名も「食品新聞社」に改称し、現在まで発行を続けている。

今回の記念誌では、各社のサスティナブル経営を中心に食品企業の取り組みを紹介。また「食品新聞」がともに歩んだ75年間にわたる食品業界の歴史を、年表で振り返る。巻頭では創刊75周年記念企画として、食品産業センター・荒川隆理事長へのインタビュー記事も掲載している。

発刊にあたり、主な記事を閲覧できる特設サイトを公開。冊子購入の申し込みもサイト上から受け付けている。