家庭用冷食を値上げ マルハニチロ

マルハニチロは、一部の家庭用冷凍食品を22年2月1日納品分から調理品で約2~10%、農産品で約5~23%の値上げを実施する。世界的な食糧需要の増加を背景に原材料価格が上昇。原油価格高騰も加わり、包材費や燃料費などでコスト高が続いており、コスト吸収の限度を超える状況となったことが背景という。