マラソンランナーに役立つチーズレシピ考案 神戸学院大学と産学連携 六甲バター

神戸市に本社を置く六甲バターと同市の神戸学院大学の栄養学部は産学連携事業としてマラソンランナーに役立つ「QBBブランドチーズを使用した栄養補給が出来るチーズレシピ」を開発。同学部学生から189品の応募があり、9月26日に優秀レシピ8品のお披露目会と表彰式を同大学で実施した。

両者は地元の神戸マラソンを2011年の第一回から応援しており、同マラソンは昨年に続き今年も中止となったが、開催の有無にかかわらず練習を重ねているランナーの疲れにくい身体つくりや日常の健康サポートなどの目的で、レシピ考案は7年目を迎えた。

優秀賞は「手軽に栄養チャージ!2種の韓国風チーズキンパ」「鉄・カルシウムたっぷり!チーポタの冷製パスタ」など学生ならではの斬新なアイデアあふれる8品が受賞。今後は「家庭で無理なく作れ、サッと食べられる簡単・美味しいランナーのためのチーズレシピ」としてまとめ、同社ホームページなどで発信していく。

あいさつした塚本浩康六甲バター社長は「コロナ禍で目標を失っても走り続けるランナーの皆さんを応援するため、栄養価の高いチーズを使った食で少しでもお役に立ちたい。また、引き続き学生のみなさんに食から人に役に立つことを考える学びと実践の場を提供し、事業を継続していきたい」と抱負を語った。