ちぼりホールディングス 中国最大ECモールに旗艦店 独自ブランドの菓子販売

赤い帽子 Tmall

焼菓子製造・販売のちぼりホールディングスは、アリババ集団の運営する中国最大のECモール「Tmall」にグループブランドおよび商品の紹介、販売を目的とした旗艦店を出店した=写真。

同社は現在、傘下に10の商品ブランドを有し、「しあわせのシンボル」として世界20か国以上で愛される『赤い帽子』を中心に海外展開をしている。『赤い帽子』ブランドは「食べた人に幸せが訪れる」といういわれが海外で自然に育まれ、主に中国圏では婚礼用など縁起の良いお菓子の代名詞として紹介されている。

出店までに現地のパートナー選びに苦労し、お菓子の品質やサービスを担保する「信用性」を基準に現地法人と提携した。現在「Tmall」では『赤い帽子』と『ちぼりチボン』の2ブランドのみの出品だが、今後は他ブランドについても展開を予定しており、5年で3倍の売上を見込んでいる。

ちぼりHDは、『赤い帽子』を中心に、以前から中国の消費者に支持を受けていることが積極的な展開へのモチベーションとなっている。中国市場を魅力的な市場とし、今後も注力していく考え。

また、中国だけでなく海外事業にも積極的な姿勢をみせており、一昨年設立した「ちぼりスイーツ・アメリカ(TIVOLI Sweets America Inc.)」では、コロナの収束も見え輸出が増加する見込み。今後も社是の「おいしいお菓子でみんなのしあわせを創ります」の下、必要とされる国や地域に拡売していくという。