ホットプレートで手軽にレストランの味を ピエトロと千趣会がコラボ

千趣会の通販事業ベルメゾンは、ピエトロとコラボレーションしたベルメゾン マンスリークラブ「ホットプレートでつくるおうちでピエトロレストラン(6回シリーズ)」を24日からベルメゾンマンスリークラブで販売している。コロナ禍で外食の機会が減少する一方、テイクアウトや冷凍食品の需要が堅調に伸びていることを受けた動きだ。

日本電機工業会が今年1月実施した調査によると、料理をする機会が増えたことでホットプレート料理がWebのトレンドワードで急上昇し、ホットプレートの売上も昨年比で52%増加している。このような傾向を受け「家族みんなで食卓を囲み、美味しいごはんを食べて笑顔になってもらいたい」というピエトロと千趣会両社の想いが合致し、今回のコラボレーションが実現した。

ドレッシング2種(クリーミィと和風しょうゆ)(ピエトロ)
ドレッシング2種(クリーミィと和風しょうゆ)(ピエトロ)

「ホットプレートでつくるおうちでピエトロレストラン」は、ホットプレート料理を簡単に作れるキット。ピエトロシェフ監修の調理用ソースやドレッシングなどの食材とレシピをはじめ、おうちパーティーを楽しめるペーパーエプロンやペーパーランチョンマットなどが月に1回セットで届けられる。

なお、ドレッシングはメニューに合わせて代表的な「和風しょうゆ」と今回のコラボのために特別復刻した「クリーミィ」の2種を用意している。