「ポテトチップスのり塩」60周年で初の紙パッケージ 「最高の商品を」 自信作誕生

湖池屋は、「ポテトチップスのり塩」が22年8月に発売から60周年を迎えることを記念して、「KOIKEYA The のり塩」(56g・オープン価格)と「同 麹塩」(同)を13日から全国コンビニエンスストアで、10月4日からは全国スーパーマーケットなどで発売を行う。

同社は1953年におつまみ菓子メーカーとして創業し、1962年に「湖池屋ポテトチップスのり塩」を発明、ポテトチップスのパイオニアとして歩んできた。原点であるおつまみに立ち返り、ポテトチップスと向き合った60年のこだわりと情熱を詰め込んだ、最高の商品を届けたいとの思いから新商品2品が誕生した。

新商品は、独自の厚みにスライスしたじゃがいもに、芳醇なのりの味わいや麹のコク、魚介の豊かな風味を重ね、キレのある焙煎唐辛子をきかせた大人の贅沢なひとときのお供として楽しめる。包装には湖池屋初となる「紙」を使用したパッケージを採用した。

また、発売を記念して13~20日の期間、Twitterキャンペーンも実施。新商品2品各3袋、合計6袋が抽選で60人に当たる。