「小岩井 Theカフェオレ」5週間で1000万本突破 シンプルで高級感あるパッケージが好評

キリンビバレッジは7月21日、6月15日にリニューアル発売した「小岩井Theカフェオレ」の販売数量が、発売から5週間で1千万本を突破したと発表した。

リニューアル発売から4週間の販売数量合計では、2020年のリニューアル商品と比較して37%増を記録した。

既存ユーザーからの支持が継続したことに加えて、新規ユーザーを獲得したことが寄与。同社はその要因の一つにパッケージデザインを挙げる。

パッケージは、今回のリニューアルによって、シンプルで高級感のあるデザインへと刷新。「全面白地と堂々と配置した『小岩井』のブランド名でミルクの上質なおいしさを表現し、お客さまからミルクへのこだわりや『小岩井』ブランドへの信頼感と期待感から商品を手にとっていただいている」(キリンビバレッジ)という。

中味も高評価を得ているという。中味は、生乳そのままの風味が感じられる小岩井生クリームを使用し、ミルクのまろやかなコクがしっかり感じられながらもスッキリとした甘さで飲みやすい味わいを実現している。