夏だ!和風だ!汁なしだ! 今夏は明星「旨だし屋」も参入

気温の上昇とともに、和風カップ麺(汁物)を食べるのがやや辛くなる季節になってきたが、そうした時、食べたくなるのが和風“汁なし”。ここ数年、「日清のどん兵衛」(日清食品)、「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」(東洋水産)の2大ブランドをはじめ、和風の“汁なし”が充実し和風ファンの支持を集めているが、今シーズンは、コストパフォーマンスに優れた和風大盛「旨だし屋」(明星食品)が“汁なし”に参入する。大型新人の登場で、和風“汁なし”の選択肢は大幅に拡大しそうだ。

明星食品が19日に発売する「旨だし屋 汁なしうどん 七味仕立て 大盛」「同 汁なしそば ラー油仕立て 大盛」(麺90g、オープンプライス)は、圧倒的なコストパフォーマンスで和風大盛市場を席巻する「旨だし屋」シリーズが盛夏に向けて投じる新提案商品。

「日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん」(日清食品)
「日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん」(日清食品)

「汁なしうどん 七味仕立て」は、もっちり食感の麺と風味豊かな鰹と鯖と昆布のだしが効いたつゆを、ピリッとした七味唐辛子で仕上げるきざみ揚げ入りの汁なしうどん。「汁なしそば ラー油仕立て」は、コシがある食感の麺と風味豊かな鰹と昆布のだしが効いたつゆを、食欲そそるラー油の香りで仕上げる薬味ふりかけ付き汁なしそば。いずれもピリ辛仕立てで、夏場の食欲を刺激する。

和風“汁なし”で圧倒的なラインアップを誇るのが「日清のどん兵衛」シリーズ。2021年度に入り、「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」(5月10日発売)、「日清の冷しどん兵衛 ぶっかけきつねうどん」「同 ぶっかけ揚げ玉そば」(5月24日発売)を投入しているが、これに続き「日清夏めんトリオ」の一品「日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん」(麺74g、税別193円)を5日から新発売した。「“汁なし”だからアツい夏でも食べやすい!“濃い&旨い”のガッツリメニュー」をコンセプトとする同商品は、牛の旨味が感じられるスパイシーなカレーソースが特徴だ。

「冷しぶっかけ肉うどん」(東洋水産)
「冷しぶっかけ肉うどん」(東洋水産)

東洋水産は6月7日、「冷しぶっかけ肉うどん」「冷しぶっかけ鴨だしそば」(麺69g、税別193円)を発売した。一昨年から発売している“汁なし”シリーズの2021年夏バージョンは、特徴的なフレーバーとともに、具材を充実させた。「冷しぶっかけ肉うどん」は、かつお節と昆布のだしをベースに豚肉の旨みを加え、程よく酸味とレモンの風味を効かせたつゆ。「冷しぶっかけ鴨だしそば」は、かつお節をベースに、鴨の旨みを加え、醤油と甘みを効かせたつゆに、鴨オイルで配合した調味料で風味豊かに仕上げた。

フレーバーには個人差があるものの、これからの季節に向け和風“汁なし”の選択肢が広がることは大歓迎。和風の夏を制するものは…。和風“汁なし”の戦いはこれからが本番だ。