25年度中に女性執行役員比率30%へ セブン&アイHDが目標

セブン&アイ・ホールディングスは2026年2月期までに、グループ主要6社の執行役員に占める女性の割合を30%とする目標を設定した。対象はセブン&アイ・ホールディングス、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ヨークベニマル、ヨーク。

今年4月からは、管理職候補となる女性社員の育成を目的とする「女性エンカレッジメントセミナー」を開催。井阪隆一社長をはじめとする経営層の講話や、グループディスカッションを通じ、参加者の今後の自律的な学びと挑戦を後押しする。グループ横断で実施することにより、経歴や職種など多様な参加者を集めることでシナジーを生かす狙い。全国各地から参加可能なオンライン形式により半年間の予定で実施する。

同社グループは「30%Club Japan」に加入した。セブン&アイグループのダイバーシティ&インクルージョン活動、特に女性の活躍推進に関する取り組みを強化する狙い。

「30%Club Japan」は、企業の持続的成長や価値向上を目指し、重要意思決定機関、役員に占める女性割合を高めることを目指した世界的なキャンペーンの日本における活動母体で、2019年から活動を開始している。