ハチ食品のカレーが宇宙へ 野口飛行士のSNSに写り込み話題

日本初の国産カレー粉を開発したハチ食品のレトルトカレー「カレー専門店の彩りのカレー」が宇宙飛行士野口聡一さんのSNSに映ったことからSNS上で「宇宙に行ったカレー」と話題に。同社では、急遽オンラインショップで販売開始するなど対応し「予想を上回る多くのご注文をいただいている」状況だ。

きっかけは野口さんが国際宇宙ステーションから4月26日にアップした「新しい仲間を迎えて宇宙での大歓迎会」の写真。11人で楽しく盛り上がっている様子がうかがえる集合写真の食材の一つに、同社のレトルトカレーが映っていた。以降、同社に消費者や得意先から多くの問い合わせが殺到したことで、4月28日からオンラインショップで販売を開始した。

「カレー専門店の彩りのカレー」は同社の海外輸出対応商品。辛口と中辛の2品あり、現在はアメリカや中国、台湾、シンガポールの小売店などで販売している。

今後について同社は「弊社を知っていただく機会となったので、その他商品も多くの方にご賞味いただけるようになれば」としている。