飲料に革新 コカ・コーラからフリーズドライ飲料「ワン・ツー・キューブ」 水で溶かすだけ

個包装省きエコでカンタン

日本コカ・コーラは、キューブ1粒を水またはお湯に入れて軽く混ぜるだけで淹れたてのおいしさが楽しめる新ジャンルのフリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」を開発した。

Amazon.co.jpで5月19日から「緑茶」と「麦茶」の2品、6月28日から「珈琲」の計3品を数量限定で販売する。

飲料、濃縮飲料の中で革新的なのは個包装がない点。入れて溶かすだけの2ステップで飲料ができ、キューブは紙素材を使用したパウチ容器に15粒入っており「エコでカンタンでおいしい」が特徴となっている。

「麦茶」「緑茶」「珈琲」の3種(1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ))
「麦茶」「緑茶」「珈琲」の3種(1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ))

この手軽さとおいしさを実現したのが特許出願中の「濃縮フリーズ製法」による成形。強い加熱処理を行うと茶葉の風味を損ねてしまうことから同製法を採用した。濃縮フリーズ製法では茶葉やコーヒー豆から抽出したエキスを濃縮・凍結させ、さらに真空状態で氷となった水分を除去。強い加熱処理を避けることで素材本来の香りや味がキューブに残るようにした。ミクロの穴が無数に存在するキューブの多孔質構造も特徴で、この構造によって水にも簡単に溶かせるようになっている。希望小売価格は3品とも1パウチ15粒入りで税別600円。

作り方は、キューブ1粒を「緑茶」と「麦茶」の場合200~400㎖、「珈琲」の場合130㎖の水やお湯に入れて軽く混ぜるだけ。

環境面では、パウチ容器のベースとなる基材に紙素材を用いることで、プラスチックフィルムを使用した同型・同容量のパッケージと比較してプラスチック樹脂使用量を約13%、CO2排出量が約18%削減でき、さらに個包装を不要とし家庭ごみ削減にもつながる。