新たに無人レジ店舗 電子マネーも現金も 誰もが利用しやすく ファミリーマート

無人決済システムを導入した「ファミマ!!サピアタワー/S店」が3月31日、東京駅に隣接するオフィスビルにオープンした。

JR東日本スタートアップとサインポストの合弁会社であるTOUCH TO GO社(TTG)が開発した仕組みを利用した新型店舗。同社が昨年3月に実験店として開業した高輪ゲートウェイ駅構内の無人コンビニに続くもので、ファミリーマートとは初の取り組みとなる。

キャッシュレス決済のみだった高輪駅の店舗に対し、交通系電子マネー、クレジットカードに加えて現金での支払いも可能になった。特別なアプリなども不要で、誰でも気軽に利用できる。品揃えも100SKU増の約700SKUに拡充している。

TTGによる無人決済システムでは、時間節約のニーズの高い朝や移動の合間の時間などでも、短時間で買い物を済ませることができる利便性と、省人化による店舗オペレーションコストの低減を実現した。

天井にある無数のセンサーやカメラが商品の動きを追う(ファミマ!!サピアタワー/S店)
天井にある無数のセンサーやカメラが商品の動きを追う(ファミマ!!サピアタワー/S店)

天井に設置されたカメラやセンサーの情報から、来店客が手に取った商品をリアルタイムで認識。客が出口付近の決済エリアに立つと、ディスプレイに購入商品と金額が表示され、スピーディに買い物ができる。アルコール類の販売に関しては、バックヤードに常駐するスタッフが画像で年齢を確認する仕組み。

ファミリーマートとしては、省人化による店舗運営コストやオペレーション負荷の軽減、来店客と従業員が直接接することのない非対面決済の推進につなげたい考え。マイクロマーケットへの出店を可能にする店舗形態の創出を進めるとともに、顧客の利便性向上と新しい店舗運営のあり方を模索していくとしている。