世界最大の出荷量を誇るイタリアのスパークリング・ワイン プロセッコDOCがFOODEX JAPAN 2021に出展

イタリアのプロセッコDOC保護協会は、3月9日~12日開催の「第46回国際食品・飲料展FOODEX JAPAN 2021イタリア館」に出展する。

同協会は17年から対日プロモーションの組織的に運営し、FOODEX JAPAN イタリア館に、中止となった20年を除き連続して参加してきた。

今年の注目は昨年秋に初出荷したプロセッコDOCロゼ。2次発酵に60日以上かけ、繊細で持続する泡立ちが特長だ。

日本ソムリエ協会理事でプロセッコDOCのアンバサダーの水口晃氏と、プロセッコ専門カフェ&バー「マルティノッティ」のオーナーバーテンダー長嶋宏明氏が、20社のワインをブースで紹介する。

FOODEX JAPAN 2021は千葉市の幕張メッセで開催。10:00~17:00(最終日は16:30まで)入場には事前登録が必要。