近鉄百貨店、地域産品の輸出支援へumamillと提携

近鉄百貨店は、ソフトバンクのグループ会社umamill(ウマミル)と、関西エリアの食品メーカーや生産者を対象とした輸出事業支援に関する連携協定を締結した。近鉄百貨店は「地域サポーター」として、自社の顧客ネットワークを生かし、関西エリアの食品メーカーに日本食輸出支援を行うプラットフォーム「umamill」の活用を推進する。

umamillは、海外の食品バイヤーに日本の食品メーカーのサンプルを届けて、日本のメーカーの輸出促進と海外バイヤーのラインアップ拡充を目的とする。日本のメーカーは自社商品の情報やumamillに無料で掲載することができ、海外バイヤーは商品を購入する前に、各企業からサンプル品を無料で取り寄せることが可能だ。

食品輸出に関する法律面の確認や必要な手続き、商談、商品輸送の代行、商品ごとの需要調査、販路開拓の支援はumamillが行う。

海外では日本食の需要が高まる一方で、中小規模の食品メーカーの多くは輸出に必要な知見や人材、費用が不足しており販路を開拓できないという課題を抱えている。umamillを使用することにより、日本の企業は国内バイヤーとの取引同様の手続きで輸出に挑戦しやすい環境が整う。