「鬼滅」余波で意外なヒットも

政府のGoTo推進に、通勤時は相変わらずの3密状態。それは第3波も来るだろうし、都の感染者数も過去最多を更新するだろう。勝負の3週間は完敗で、GoToの全国一時停止も遅きに失した感がある。コロナは人災となりつつあるのか。

▼人は深刻な問題だけ考えて生きられないようで、緊張感を和らげるために楽しいことを求める本能があるらしい。慣れ、緩みと言われても、ある程度の人出はやむを得ない部分もある。いずれにせよ年末年始は今度こそ“勝負の1週間”となりそうだ。

▼暗い話が多かった今年、明るい話題を振りまいたのが「鬼滅の刃」。公開中の映画が大ヒットし、興行収入歴代1位は目前。鬼滅のヒットは食品業界にも多大な影響を及ぼし、缶コーヒー、即席麺、チョコバー、ガムなど多くのコラボ商品が売れた。

▼鬼滅ヒットに関連して、意外なところでは生姜の佃煮が売れている。人気キャラクターの好物だそうで、メーカー側も「何で注目されるか、分からない時代だ」と驚いている。勝負の1週間は家で鬼滅を観ながら、生姜の佃煮を肴に一杯やるか。