全国のこども食堂でオンライン課外授業「野菜でカンパイ」 カゴメ

zoomを使って行われた「野菜でカンパイPARTY“オンライン課外授業”」(カゴメ・全国こども食堂支援センター・むすびえ・ベネッセコーポレーション)
zoomを使って行われた「野菜でカンパイPARTY“オンライン課外授業”」(カゴメ・全国こども食堂支援センター・むすびえ・ベネッセコーポレーション)

カゴメは8月29日、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえとの協働プロジェクト「野菜のチカラを、未来のチカラに。こども食堂応援プロジェクト」第2弾として、ベネッセコーポレーションともタッグを組み3社合同で、子どもたちのコミュニケーション不足を解決する「野菜でカンパイPARTY“オンライン課外授業”」を開催した。

当日は、Twitterキャンペーンで募集した全国のこども食堂の中から参加者を募り、全国15か所のこども食堂をオンラインでつなぎ、約80人の子どもたちが参加した。「野菜でカンパイPARTY」では、「野菜生活100」や野菜を持った子どもたちの乾杯から開始。野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」とオンラインでつなぎ、ファームの紹介やしまじろうと一緒に野菜について楽しく学ぶ野菜クイズなど盛りだくさんな内容となり、ファームで育てている珍しい野菜を見せると見たことがない野菜に驚いた様子だった。

イベント終了後、子どもたちから「楽しかった」「しまじろうに会えてうれしかった」などのたくさんの喜びの声があがり、こども食堂からも「子どもたちの笑顔あふれるイベントだった」などの感想が聞かれた。