パンを皿にサラダを「サラぱん」 キユーピーが新しい食べ方提案

キユーピーは、飲食店・ベーカリー向けに新しい形のサラダとして「サラぱん」の提案を開始する。「サラぱん」とは、パンをお皿に見立てて、パンと一緒にサラダを食べる新しい食べ方・そのメニューのこと。

「サラぱん」は既にあるサラダメニューをパンメニューにアレンジ。オープンサンドの一種で、サラダが主役のため「野菜たっぷり」が訴求しやすいメニューとなる。また、ベースサラダを食シーンに合わせて朝・昼・晩のメニューで活用することで、「客数が読みにくい中、いかにして食材のロスを抑え、魅力的なメニューを提供できるか」など仕込みの効率化や共有食材の活用により日々抱える課題の解決にもつなげる。

キユーピーは今後も、手軽に野菜のおいしさや、新しい食べ方が楽しめる魅力的なメニュー作りに役立つ提案を続けていく。