「サトウのごはん」賞味期限を1年に延長 「年月日」→「年月」表示に

「サトウのごはん」(佐藤食品工業)の賞味期限が、従来の10か月から1年に延長される。

同社では1988年から無菌包装米飯の取り扱いを開始している。当初6か月だった賞味期限を05年から8か月に、13年からは10か月に延長してきた。

無菌包装米飯の賞味期限は、8~10か月が一般的。同社では今回、炊飯時の加熱時間や温度の研究により米飯の水分保持力を高め、より安定的に風味や食感が保たれることが保存実験で実証されたため、8月1日製造分から賞味期限を1年とすることを決めた。

これに伴い、賞味期限表示も従来の「年月日」から「年月」に変更。昨今注目度が高まる食品ロス削減にも貢献していく考えだ。

なお「スーパー大麦ごはん」「発芽玄米ごはん」など健康系製品については、賞味期限を6か月から8か月に延長。表示は従来通り「年月日」とする。