国内初、アーモンドから作ったヨーグルト 国分フードクリエイト

加速する植物性食品市場

国分フードクリエイト(山崎佳介社長)は、アーモンドミルクを主原料に乳酸菌で発酵させた「アーモンドミルクヨーグルト」を発売した。

世界的に植物性食品が注目される中で、ビタミンE・食物繊維が豊富なアーモンドは美容や健康を意識する女性を中心に注目を集めている。アーモンドミルクは牛乳や豆乳に続くミルクとして市場が拡大しており、「クリエイトブランド」の新商品としてアーモンドミルクヨーグルトを開発。同社によると、アーモンドミルクを主原料に乳酸菌で発酵させたヨーグルトは国内初という。

商品概要は、1パックに約35粒分のアーモンドを使用し、ビタミンE・食物繊維を多く含み、コレステロールゼロ、乳成分・香料・着色料・安定剤いずれも不使用。乳製品を使わず、植物性の材料だけでつくられた「Plant-based(プラントベース=植物由来)」のヨーグルト。アーモンドの優しい香りと、オリゴ糖のみのナチュラルな甘さ、とろっとした滑らかな口当たりが特徴。

内容量350㎖で、税別希望小売380円。要冷蔵(D+21)。