ヨーグルト、豆乳、野菜飲料 体調管理意識高まり急浸透 購買行動に大きな変化

ドリンクヨーグルトや豆乳、野菜飲料など健康飲料が拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大が進み、自己防衛意識が高まる中で、体調管理や健康・機能性を訴求した飲料が注目され、カテゴリーによっては供給が間に合わない場面も起きている。

震災や事件、事故、パニックなどが起こると、デイリーを中心とした健康飲料が敏感に反応。これまで東日本大震災やリーマンショック、残留農薬事故、冷凍餃子事件などが起きた時も需要に影響。今回は新型コロナ騒ぎで需要が一変し、購買行動や購入商品に大きな変化が起きている。

乳酸菌市場の中で、昨年のドリンクヨーグルトは2%前後の伸びを保ったものの、他の健康・機能性飲料への需要流出もあり、一時期の勢いは薄れていた。だが今年に入って急展開。消費者に体調管理や自己防衛意識が高まった結果、各社は売れ行きを大きく伸ばしている。

明治の機能性ヨーグルト「明治プロビオヨーグルト R-1」は、2~3月にかけ健康需要を背景に二ケタ増で推移しているもよう。巣ごもりや買いだめ消費等により「明治ブルガリアプレーン400g」も好調。

ヤクルト本社の「Newヤクルト類」は生産が追いつかず、一時的に品薄の状態になるほどで、アサヒ飲料「守る働く乳酸菌」の出荷も好調だ。

昨年の豆乳類の生産量は前年比13%増を記録し、9年連続で最高を更新した。昨年は「豆乳アイス」など豆乳の新たな飲み方や食べ方、料理用などが増加分を支え、調製豆乳や無調整豆乳を中心に拡大。今年に入ってもその傾向が続いている。キッコーマン飲料は、3月からキッコーマン豆乳200㎖の3本パックシリーズにおいてディズニーデザインを数量限定で発売。

マルサンアイも、3月から「豆乳飲料かき氷れん乳風味」「同 かき氷れん乳いちご風味」「ソイプレミアムひとつ上の豆乳豆乳飲料シャインマスカットMIX」「VEGAN PROTEIN MATCHA SOY LATTE」を全国発売するとともに、「豆乳グルト」の発売10周年を記念しキャンペーンを実施。

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、3月から「SOYBIO豆乳ヨーグルトプレーン無糖400gカップ」のパッケージを刷新し、「同180gストロー付きカップ」の中味、パッケージ、価格を見直して新発売。

カゴメは、2月から「野菜生活soy+」で豆乳にチャレンジし、20~40代女性を中心に顧客獲得を図っている。

昨年の野菜飲料市場は、これまで成長を支えてきたトマトジュースが低迷した結果、全体でも3~5%減とダウントレンドで推移した。PET入り製品の値上げや、豆乳、プロテイン飲料など競合カテゴリーが増えるなど健康価値軸の競争が激化したことなどで低迷した。

カゴメは3月に導入した「野菜生活100アップルサラダ」が好調。4月から「野菜一日これ一本」は、砂糖・甘味料不使用のアイコンを加え、リニューアル。「野菜生活100スムージー」は朝食代替としての提案を強化する。

伊藤園は、野菜や果実の栄養に加え、植物性たんぱく質も同時に摂れる栄養バランス野菜飲料「POWERS SALAD(パワーズサラダ)」を3月から新発売。また、果汁飲料「ビタミンフルーツ」シリーズから、朝にぴったりで1日に必要なビタミンが手軽に摂れる「朝1本のビタミンフルーツ 1日分のビタミン12種」(栄養機能食品)も新発売した。

キッコーマン飲料は、スタンダードシリーズと「リコピンリッチ」シリーズを引き続き強化。3月から食感を重視した「デルモンテつぶ野菜」の900㎖PETボトルを全国で、125㎖カートカンをエリア限定(関東1都6県)で新発売した。