内食需要の喚起に力 旭食品、神戸で「フーデム2020」

旭食品は23、24の両日、神戸国際展示場で「フーデム2020」を開催した。メーカー263社(ドライ117、菓子39、酒類31、チルド32、市販冷食17、業務用冷食22、冷菓5)が出展し、得意先から553社・約1千900人が来場した。

今回のテーマは「食卓の選択 食文化の真価と進化」。中央催事コーナーでは五輪スポンサー、健康、長期保存食、家飲みという4つのテーマに沿って、部門・温度帯を超えた企画を展開した。

このうち「家飲みDE応援」企画では五輪観戦はもちろん、増税後の外食離れや働き方改革などにより、家庭で本格的な食事を楽しむ需要が高まることを見据えた商品提案を実施。消費量が伸びている国内外のワインと、それに対応し拡大しているチーズを合わせた。

竹内紘之副社長(旭食品)
竹内紘之副社長(旭食品)

各部門のブースでも同様の理由から、内食需要を狙った企画を並べていた。低温食品は家庭で外食の雰囲気を楽しめる、有名店監修の商品を用意。ホテルやレストランの冷食、惣菜売場へ向けた業務用商品などを試食提供した。酒類では自宅で作るハイボールやサワー、居酒屋で人気のチューハイなどをご当地おつまみなどと一緒に並べた。

トモシアホールディングスの「地域に、本気だ。」の考えをベースに注力する地産外商コーナーでは、菓子や生鮮、業務用までのメーカー62社が出展。

単なる商品紹介にとどまらず、「ご飯離れを食い止めたい」(久郷正人商品統括本部長)との考えのもとで、ご飯のおとも12種類、練り物8種類の食べ比べ企画も実施した。

旭フレッシュの商材とNB商品を合わせたメニュー提案コーナーでは、「にっぽん問屋」の乾物を白だし(ヤマキ)やキーマカレー(ハウス食品)といった伸長分野の商品とコラボし試食を行っていた。