明治 「アポロ」見学ライン 坂戸工場内に新設

明治は、工場見学施設「明治なるほどファクトリー坂戸」内に「アポロ見学ライン」を新設、2月7日からオープンする。今まで以上に「なるほど!」と製品に興味や関心を持ってもらい、「安全・安心なモノづくり」を体験できる施設。

昨年8月に発売50周年を迎えた「アポロ」の誕生秘話をなぞった工場見学ツアーは、「月面・宇宙探検ツアー」の世界観を演出し、楽しく製造工程を学ぶことができる。見学ラインのイメージは、

①プロローグゾーン=月面から宇宙船に乗り込む演出で、これから始まる宇宙探検(工場見学)への期待が高まる

②製造ラインゾーン=宇宙船のゲートをくぐると、まるで宇宙船の内部から「アポロ」の製造ライン(成型から包装まで)を眺めるような見学ができる

③商品PR・サンプリングゾーン=アポロ発売からの歴史や誕生秘話を紹介。

また、お土産コーナーでは、ボタンを押すとアポロが出てくる楽しい仕掛けを用意している。

〈「明治なるほどファクトリー坂戸」の概要〉
所在地=〒350-0298埼玉県坂戸市千代田5-3-1明治坂戸工場内。
アクセス=東武東上線若葉駅から徒歩約15分、タクシー、東武バスで約5分。
見学時間=月曜日〜金曜日1日3回(9:30〜、11:30〜、14:00〜。※時期等によって異なるため、HPなどでの確認が必要)。
見学予約=完全予約制。1名から9名までの個人はWEB予約可。10 名以上は電話で予約。049-283-1398。対象年齢=安全上の理由から4歳以上(4歳未満は工場敷地内への入場も不可)。
見学料金=無料。詳細はhttps://www.meiji.co.jp/learned/factory/sakado/まで。