松坂屋で「マツコメフェスタ」 八丁味噌PRへ2社が共同出展

松坂屋名古屋店は13日から18日まで、初のイベント「マツコメフェスタ」を開催。米の魅力をPRするイベントで、愛知県岡崎市のまるや八丁味噌とカクキュー八丁味噌が共同でブースを出展した。

両社のブースでは主力の「八丁味噌」をはじめ、八丁味噌パウダーを使った「味噌せんべい」、八丁味噌で仕上げた「みそかつカレー」などバラエティーに富んだ商品を並べた。さらに、八丁味噌の味比べができる「8830みそ汁スタンド」では、ハンドドリップしたミソスープを販売した。

このほか、東京で最も古いおにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」の店主・三浦洋介さんの技を体験するコーナーや、お米マイスターによる「キッズ向けごはんパワー教室」、ごはんのお供にぴったりの鉄火味噌の作り方をレクチャーするイベントなどが催された。

まるや八丁味噌の浅井信太郎社長は「八丁味噌を地道にPRしていくことが大切。会場に来るさまざまな人に、米と相性の良い八丁味噌の魅力を伝えていきたい」と話している。