UCC、家庭用インスタントコーヒー15品を価格改定 5月1日から

 UCC上島珈琲は14日、家庭用インスタントコーヒー15品を5月1日出荷分から価格改定すると発表した。

 コーヒー生豆を含む原材料や包装資材・物流費・エネルギー価格などの高騰が続いていることや為替相場の影響を受けた措置。

 同社によると、小売店の実質店頭価格は約10%~25%程度上昇するものと見込む。
 一例を挙げると「ザ・ブレンド114」(瓶90g)の想定価格は税別548円から税別658円に引き上げられる見通し。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)