日比谷で「マルエフ横丁」 まろやかなうまみ楽しんで アサヒビール

今年も「マルエフ横丁」の夏がやってきた。

「マルエフ」の愛称で親しまれる「アサヒ生ビール」の世界観が楽しめる「日本に、まろやかなうまみ。マルエフ横丁in東京ミッドタウン日比谷」が、14~17日にかけて開催された。

昨年も東京、大阪など4都市で行われた催し。本格的な夏の行楽シーズンを迎えたこの連休期間中、飲食店の賑わいを表現した会場で、マルエフとお通しのセットを提供。会場の様子をSNSに投稿すると先着で限定ステッカーをプレゼントする企画も実施した。

初日の発表会でアサヒビールのビールマーケティング部・倉田剛士部長は「4年ぶりに気兼ねなく外食を楽しみ、お祭りなどのイベントに参加できる夏がやってきた。自由な夏の楽しさを感じながら、ぬくもりある雰囲気の中でまろやかなマルエフを楽しみ、日ごろの疲れやストレスを癒していただきたい」とあいさつした。

発表会には、俳優の藤原紀香さんが“女将”として着物姿で登場。藤原さんが一緒に飲みたい芸人だという「さや香」の2人も招かれた。普段は不仲で知られるさや香だが、藤原さんが注いだマルエフで乾杯すると、とたんにまろやかな気分に。お互いの長所を称えあっていた。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日