ローソン、トイレ貸し出し 横浜市と連携し2店舗で「公共トイレ協力店」を周知する実証実験開始

 ローソンは14日、横浜市と連携し17日から横浜市にある2店舗で「公共トイレ協力店」を周知する実証実験を開始すると発表した。

 外出時の“トイレに困らない環境作り”を目指した取り組みとなる。

 店舗入り口のドアやトイレの扉に“ありがトイレ”と記載のステッカーを貼付することで、トイレの貸し出しを行う「公共トイレ協力店」であることを広く知らせる。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球