吉野家、200円引きレシートクーポンで需要喚起 「朝食べたら昼か夜が200円オフ」期間限定実施 朝定食のトライアルも促進

 吉野家は200円引きレシートクーポンを配布して需要を喚起していく。

 2月1日から3月31日の期間限定で「朝食べたら昼か夜が200円オフ」朝活クーポンキャンペーンを実施。
 期間中、朝4時から昼11時までの間に税込300円以上の会計で、当日中であれば2回目の食事が税込200円引きとなるレシートクーポンを配布している。

 需要喚起とともに朝定食のトライアルも促進していくのが目的とみられる。

 「吉野家の『朝定食』は忙しい朝でも手軽に栄養バランスがとれるよう、和食の基本である一汁三菜をテーマとしている。メニューは全6種類で、ご飯とみそ汁、おかず3品で構成されるお得で理想的な朝食メニューとなっている」(吉野家ホールディングス)とコメントしている。

 朝食習慣と幸せ度の相関関係にも着目。

 吉野家が、東北大学100%出資のコンサルティング会社・東北大学ナレッジキャスト社、東北大学、日立ハイテクによる脳科学カンパニーのNeU(ニュー)社と共同で、20代から60代の働く人1000人を対象に「朝食習慣と幸せ度・ライフスタイルに関する調査」を行ったところ、朝食頻度が高い人ほど幸せ度が高いことが再確認されたという。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日