日本アクセス 食品卸業界トップに 連結売上高2兆1202億円

日本アクセスは23日、前3月期業績を開示した。

21年度の連結売上高は2兆1千202億9千500万円、営業利益243億700万円(34.1%増)、経常利益238億7千600万円(33.7%増)、当期利益163億4千200万円(67.8%増)。収益認識に関する会計基準適用により売上高で約1千300億円の影響があったが、実質5%程度の増収。売上高、経常利益、最終利益とも過去最高を更新し、いずれも総合食品卸トップとなった。