豆乳生産量 今年は微増で推移 無調整の増加傾向続く

日本豆乳協会調べによる今年1~3月の豆乳生産量は9万6千285㎘となり、前年同期比で100.9%と微増だった。分類別では、最も生産量が多い豆乳(無調整)は2万9千38㎘(105.5%)と引き続き増加。調製豆乳は4万7千370㎘(99.5%)、コーヒーや紅茶などのフレーバー系の豆乳飲料(その他)は1万2千936㎘(100.7%)と昨年に比べて微増だったが、果汁入り豆乳飲料は3千693㎘(94.2%)とわずかに減少。また、主に業務用を用途とするその他のカテゴリーは3千248㎘(92.1%)と、外食需要の減少による影響を受けた。

豆乳協会では生産増の背景について、「生活者が豆乳の特長や成分の優位性に触れる機会が増えたことが後押しし、豆乳(無調整)愛飲者のリピート購入が増え、特に1~3月は季節柄、豆乳鍋やシチューなどの料理需要が拡大したことが増加の要因だった」としており、「新型コロナの影響により、生活者の買い物の仕方にも変化が表れ、長期保存が可能な豆乳の需要がさらに高まったことも一因した」と捉えている。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球