「FOOMA JAPAN 2022」6月7~10日 東京ビッグサイトで 日本食品機械工業会

日本食品機械工業会主催の「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(www.foomajapan.jp)が6月7~10日、東京ビッグサイト・東展示棟全館(1~8ホール)で開催される。出展規模は4月14日の時点で過去最多の865社(3万4千723㎡、共同出展社含む)で、これまでにない来場価値を提供すべく、新たな取り組みを多数実施。

社会様式が激しく変化する中、「Restart FOOMA」をテーマに、省人化、無菌化、ロボットやAI、食の衛生管理など食シーンの多用性に応える最先端の製品・技術・サービスを結集した世界一の食品製造総合展として、さらなる食ビジネスの創出や展開の機会創出の場となることを目指す。主な見どころは次の通り。

▽45回目を迎える今年は、来場価値をさらに高めるべく「惣菜」「フードテック」「省エネ」分野を新設し、最新技術を取りそろえる。

▽新設の「スタートアップゾーン」には19社が出展し、ピッチプレゼンも連日開催。食の技術のオープンイノベーションを加速させ、日本が誇る最新技術や新たな技術に出会える機会を創出する。

▽優れた研究開発の成果を顕彰する「FOOMAアワード」を創設。食品産業界における生産性向上、省人化などさまざまな課題の解決、新たな食品開発への貢献、さらには食文化、食品安全の一層の向上に資することを目的に、優秀な食品機械・装置を表彰する。表彰式は会期中に開催し、各賞の受賞製品はFOOMAアワード2022コーナーで紹介する。

▽フードテックのフロントランナー、大学などの研究機関が集結し、フードテック、食のDXやカーボンニュートラルなど、アカデミックで最新のビジネスに役立つ情報満載のセミナー、パネルディスカッションを開催。また、「食品製造ライン自動化推進プロジェクト2022 to 2024」と題し、来場者参加型企画も実施する。