日清食品がトヨタの実験都市に参画 完全栄養食メニュー提供へ

日清食品とトヨタ自動車は、トヨタ自動車が静岡県裾野市に建設を進める「Woven City」(ウーブン・シティ)で、食を通じたWell-Beingの実現に向けた実証について具体的な検討を進めることで基本合意した。

「Woven City」は、モビリティカンパニーへの変革を目指すトヨタが、さまざまなパートナーとともにあらゆる実証を行う街。「モビリティ」にはA地点からB地点への移動に加え、「Move=人の心を動かす」意味も含む。トヨタは「Woven City」で、「モビリティ」の定義を拡大させ、ヒト中心とした幸せの量産を追求していくことに挑戦している。

日清食品、トヨタ自動車と、トヨタ自動車の子会社でソフトウエアを中心としたさまざまなモビリティの開発などを担うウーブン・プラネット・ホールディングスとともに、最新の分子栄養学に基づく「完全栄養食メニュー」を「Woven City」内で提供することなどを通じ、一人ひとりに最適な「おいしいと健康」を目指す狙い。

具体的には、「完全栄養食メニュー」の提供を通じた住民の食の選択肢拡充と健康増進の共同実証、一人ひとりに最適な「完全栄養食メニュー」の提供に向けたデータ連携などに取り組む。

「Woven City」への参画について、安藤徳隆日清食品社長は「今回の取り組みは、一人ひとりに最適な『完全栄養食メニュー』をいつでも、どこでも食べることができる『新しい食生活』を具現化するための第一歩。『食と栄養のあり方』や『食と健康寿命延伸との相関』をテーマに、Woven Cityで中長期にわたる実証を重ね、食を通じたWell-Beingの向上に取り組む。『#日本を未病対策先進国へ』をスローガンに、過去に類を見ない『好きなものを、好きなときに、好きなだけ楽しめる世界』の実現に向け挑戦を続けていきたい」とコメント。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球