アレルギーの大敵は

この時期になると、数年前に手酷く牡蠣に当たった記憶が蘇る。アレルギーを発症し、以来、我が家の食卓に牡蠣は出てこない。好きな物が突如食べられなくなるのは辛いし、自分につきあって我慢している家族にも申し訳ない気持ちになる。

▼日本の食物アレルギーの有病率は、全年齢を通して1~2%ぐらいと推定。これまで鶏卵、牛乳、小麦がその3大原因とされてきたが、最新の調査でクルミやカシューナッツなどの木の実類が初めて小麦を抜いたという。食生活の変化によって、その内容も変わってきたということだろう。

▼食物アレルギーを持つ人間にとって最大の敵は、無知と無理解だ。ある年齢以上の中には「昔はアレルギーなんて無かった」「少しぐらいなら大丈夫でしょ」と無理強いする人がまだ一定数いると聞いて愕然とする。

▼無知・無理解は相手の気持ちを慮ることができないこと。ハラスメントに通底するものがある。コロナ下の2年で鈍った、他者との距離感をどうアジャストするか。「私は〇〇さんアレルギー」なんて陰口を叩かれないようにご注意を。