5月7日は「粉もんの日」 GWにお好み焼・たこ焼を訴求 昭和産業「魔法」シリーズの提案強化

 昭和産業は、5月7日の「粉もんの日」に向けて、GWに楽しめるお好み焼き・たこ焼きの提案を強化している。

 同社によると、コロナ禍で家庭内での調理機会が増え、簡単においしく作れる“粉もの”需要が伸長しているという。

 原料高騰による小麦粉などの値上げが話題となっているが、「お好み焼粉」「たこ焼粉」は引き続き人気の商品で、特に家族団らんの機会が増えるGWや夏休み、冬休みは、「お好み焼き粉やたこ焼きの購買率が伸びる傾向にある」(同社)。

 こうした中で、今年のGW商戦に向けて、昭和産業では、誰でもおいしく焼ける人気商品「魔法のお好み焼粉」「魔法のたこ焼粉」の“魔法”シリーズのヒミツを紹介するとともに、自宅で楽しめる粉もんパーティーを提案する。

おいしく焼ける魔法のお好み焼粉」 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
おいしく焼ける魔法のお好み焼粉」

 「魔法のお好み焼粉」は、14年9月に発売。簡単でポピュラーな料理でありながら、「上手においしく焼けない」「仕上がりにバラつきが出る」という消費者の悩みに着目し、「誰でも簡単においしく作れる」ことをコンセプトに開発した。

 開発にあたっては、一般家庭におけるお好み焼き調理の実態を調べ、上手に焼けない原因として「水と粉の感覚的な計量」「材料を混ぜる順番や混ぜ方が自己流」「焼く温度にムラがある」ことが判明。

 こうした課題の解決に向けて、穀物に精通した同社独自の配合技術で、フライパン・ホットプレートの温度や生地を作る際に水の分量が多少触れても、いつでもおいしく、焦げにくい仕上がりとふっくら食感を実現。

 「初心者でもおいしく作れる」簡便性と再現性にもこだわり、粉の計量が不要な使い切り小分けパック包装で、生地を混ぜる回数や卵を入れるタイミングなどをイラスト入りでわかりやすく伝えるおいしい作り方レシピをパッケージ裏面に掲載した。

 魔法シリーズのお好み焼粉は着実に販売数量を伸ばしており、20年度には発売当初と比べて2倍以上に伸長。19年9月には姉妹品の「おいしく焼ける魔法のたこ焼粉」を発売した。21年度は前年の巣ごもり需要による大幅増の反動を受けたが、依然として内食化傾向が続いており、「お好み焼き粉・たこ焼き粉ともに好調に推移している」という。

「おいしく焼ける魔法のたこ焼粉」 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「おいしく焼ける魔法のたこ焼粉」
誰でもまんまる、ふっくら仕上がるカラフルたこ焼 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
誰でもまんまる、ふっくら仕上がるカラフルたこ焼
北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日