新庄ビッグボスが「顔缶」に 「ポッカコーヒー」キャラ起用

ポッカサッポロフード&ビバレッジは3月28日、北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督を「顔缶」の愛称で親しまれる「ポッカコーヒー」のキャラクターに起用すると発表した。

サッポログループの創業の地が北海道であることから、ポッカサッポロは、北海道日本ハムファイターズが本拠地を北海道に移転して以降、「ポッカコーヒー ファイターズ缶」などの発売を通して応援を続けている。

今回、新庄監督の新しいことに挑戦する高い志に共感して「ポッカコーヒー」のキャラクターとして起用するとともに、顔缶デザインの代わりに新庄監督をデザインした「ビッグポッカコーヒーオリジナル」の発売に踏み切ったという。

「僕もまだまだ50歳。さぁここからだ!」と意気込む新庄剛志監督(北海道日本ハムファイターズ)
「僕もまだまだ50歳。さぁここからだ!」と意気込む新庄剛志監督(北海道日本ハムファイターズ)

同商品は、通常缶と比べてBIGサイズの250㎖缶で新庄監督の異なる表情を描いた4種類のデザインを用意し4月25日から期間限定で発売される。

これに先立ち同社のオンラインサイトでキャンペーンの応募に参加できる先行予約を3月28日に開始した。

なお「ポッカコーヒー」は今年、発売50周年を迎え、時を同じくして新庄監督も今年50歳を迎えた。