オタフクソース アウトドア向けにガーリック味 地元ローカル番組と共同開発

オタフクソースはガーリックとカレーと合わせた「ガーリーカリー」味の「お好みソース」を発売した。

キャンプ調味料の人気が強まっている中、同社ではテレビ新広島が制作する番組「西村キャンプ場」に共同開発を提案。出演者であるバイきんぐ・西村瑞樹氏に監修を依頼し商品化した。

「ガーリーカリー」とは西村氏の造語。キャンプの定番であるカレーと、マスクの定着で人気が高まっているニンニクを合わせた本格的なカレー味に仕上げた。ホットサンドメーカーやメスティンを使った幅広いメニューに提案する。

パッケージには番組ロゴをデザイン。300g、標準販売価格税込432円。同社では「キャンプ料理でも楽しめる調味料を作りたいと考えた。キャンプでも、家でもキャンプ飯を楽しんでもらいたい」としている。

また、「焼そばソース」にも「ガーリック」を投入した。ニンニクをふんだんに使用し、炒めた時に風味が広がるようオイルを加えている。焼そばのほか、炒飯や野菜炒め、アウトドアメニューにも提案。既存の「焼そばソース」と同じ黄色をベースに、「にんにく!」の文字とイラストが目を引くデザインに仕上げた。300g、同259円。