県民には通じる!? 「たちまちうまい酢」 広島弁を商品名に オタフクソース

オタフクソースは中四国地方で好まれる、甘みのある合わせ酢「たちまちうまい酢」を発売した。醸造酢、りんご酢、穀物酢をブレンドしたまろやかな酸味の酢に、地域性のあるいりこだし、かつおだしでうま味を加えた。

「サラダやお寿司などに使って、まろやかで甘い中四国の味を楽しんでもらいたい」と同社。1955年から販売している「らっきょう酢」も、程よい甘みが地元で支持され続け、ロングセラーになっている。

商品名の「たちまち」とは、「にわかに・すぐに」という意味が一般的だが、広島県では「とりあえず」という意味でも使われる。例えば、「たちまちビールね」というように。

同社では「たちまち(とりあえず)使えば、たちまち(あっという間に)うまくなるという特長をそのまま商品名にした」としている。500㎖で税込351円。