デリバリーサービス「Wolt」 広島に配達専用店 30分でお届け

デリバリーサービスの「Wolt」が展開する配達専用スーパー「Wolt Market」は2月22日、広島県に2店舗を開いた。昨年12月、札幌市に1号店を開店し1月末までに道内へ4店をオープン。今回開いたのは広島白島店(広島市中区)と呉中通店(呉市)で、本州へは初めての出店となる。

青果、精肉、日配、一般食品や日用品など約2千品目を扱う。同店は「ダークストア」と呼ばれる配達専用店で店頭販売は行わず、アプリやサイトを通して商品を販売し配達員が30分程度で届けるのが特徴。配達料金は1㎞未満が50円、2㎞未満が150円で最大5㎞まで。別に注文金額10%のサービス料(最大300円)がかかる。

同社は20年3月、日本での配達サービスを広島から始めた。今回の出店について「ブランド認知度や配達パートナーの数など、総合的なバランスが取れている広島と呉で新規ビジネスを展開するのがふさわしいと考えた」としている。